【土の中から生えていたらバトン】
指名→アニキ


1.ある日、「アニキ」が家の庭に生えていたらどうする?
 アニキが寝てたらそっと土を頭の上からかけてあげる←生き埋め法
 起きてたらアニキがこっちに気付く前にソッと逃げる。

2.「アニキ」が自力で家の庭から出てきました
 すると、上半身はおろか下半身まで裸でした。どうする?

暴れゴリラが出た!←
桂さん大変です。色々興奮しすぎると思いまりもっこり。
とりあえず「ご馳走様でした」ってお礼言う。

3.服を着た「アニキ」が家に上がらせて欲しいと言ってきました。どうする?
 土下座して勘弁してもらう。1駅隣りに東横インがあるからそこ案内したい。
 ウチは勘弁してください。怖い。恐すぎる。

4.「アニキ」はお腹が空いたので、何かを作ってくれと言いました。何を作る?
 父ちゃんの酒を即座に出して御機嫌を伺う。んで枝豆とキムチがあるからそれでいいだろ?
 それで「ちょっとお酒が足りないので買ってきます」って言いながら逃げる。

5.お腹いっぱいになった「アニキ」少し眠りたいと言ってきました。どうする?
 だから東横インに・・・そちらに行った方が布団もフカフカだし良く眠れると思います・・・

6.ぐっすり眠っている「アニキ」はどんな寝言を言ってると思う?
 あぁ・・・結局ウチで眠るのですか・・・アニキが寝言・・・
 「テメェ殺すぞ」とかハッキリとドスのきいた声で言われて私が肝を縮めてると思います。

7.やっと起きた「アニキ」は寝惚けて居たのか、貴方に抱き付いてきました。どうする?
 あんな寝言を言われた後に抱きつかれたらそりゃ殺されると思うのでチビるよね。確実にチビる。
 んで抱きついてきたアニキの耳元で大声で叫ぶので目を覚ましたアニキに殴られるに決まってる。
 ・・・理不尽この上ない。

8.「アニキ」は寝惚けて抱き付いてしまったことをお詫びに
  何でも言うことを一つ聞いてくれるそうです。どうする?
 清水の舞台から飛び降りる気分で勇気を出して、お姫様抱っこしてくれと無茶を言う。
 お姫様抱っこしてくれないんだったら私の心臓が保たないから帰ってくれって言う。
 アニキ怖ぇから。

9.「アニキ」はそろそろ戻らなくてはなりません。最後に一言、何と残したと思う?
 「お前オレの好みじゃねぇ」って言われるに違いない。
 テメェの好みなんぞ知るかバーカバーカ!と心の中で叫びながら
 「ははは。そうですか・・・スイマセン・・・へへへ」ってヘコヘコする。

10.お疲れ様でした。最後に五人の家の庭に指定キャラを埋めてください。